見つめ直しませんか
あなたの会社、おたくのお店


ISO26000的
サステナビリティ チェック


持続可能な発展のため、日ごろの活動を見直してみましょう。

企業や商店が、これからも末永く経営を存続し、繁盛を続けていく(すなわち、持続可能な発展を実現する)には、社会的な役割を果たし、課題を解決していくことが求められます。これを『CSR 企業の社会的責任』と呼び、さまざまな取り組みが行われているのはご存知の通りです。

Mブリッジでは、そんな社会的責任の推進のための国際規格『ISO26000』を、私たちなりに読み込み解釈して、中小企業や商店の皆さんが、自らのサステナビリティ(持続可能な発展の潜在性)を自己診断できる質問リストをつくりました。つくるにあたっては、『ISO26000』で掲げられている七つの中核主題※を網羅しつつ、できるだけ現実に即した内容を盛り込んだつもりです。

一度お試しいただき、診断結果の良し悪しは、話のネタにでもしていただければ幸いです。言うまでもありませんが、このチェックは、皆さんの企業を評価しようとするものではありません。企業が今後、ステークホルダーからどのような見方をされ、どのような行動を求められるのか、こうした時代の動きを少しでも感じていただき、このチェックを、『ISO26000』社会的責任サステナビリティという言葉に関心を持つきっかけにしてくださることを願ってやみません。


※七つの中核主題には、いささかなじみにくい言葉があります。
この質問集では、より分かりやすく言葉を選んで表現を変えています。

「組織統治」『経営姿勢』
「人権」『人権関連』
「労働慣行」『雇用・労務』
「環境」『環境関連』
「公正な事業慣行」『フェアな取引』
「消費者課題」『消費者利益』
「コミュニティへの参画とコミュニティの発展」『地域とのつながり』












ページトップへ