ブンカの交流館 講座の詳しい案内
講座NO.25 詩を書いてみよう
講師名 日本現代詩人会・日本詩人クラブ会員・三重詩人代表 加藤千香子

 

夢多く華やいで生きるために
講座内容

人工知能が進化してくるとロボットも小説らしきものを書く。もちろん詩のようなものも書ける。このままいくと天才棋士がAI(人工知能)に負けたように、AIロボットの書く詩が、人間の書いた詩を押しのけて賞を取るようになる。大概の詩人は頭を抱えるが、真の詩人がいるならば、大笑いする。AIは人間が作り、操作した機械で、人間の身体は血管がはりめぐらされていて、自らが考え、思い、悩む。
ボブ・ディランが、ノーベル文学賞を受賞したが、ノーベル賞にふさわしい人物であっても、文学ではない。良心的な真摯な人柄だから、授賞式は欠席された。
フランスをの教室で、ノーベル賞の作品を読んできたが、戦後のカミュの作品から比べ、平易で誰にでもわかる作品に移行している。哲学的で難解な作品は、暗喩などテクニックを駆使すると嫌われる。いや、ロボットは、そうしたテクニックに精通するかもわからない。大事なことは、詩人は何よりも人間であること。人間とは何なのか、血の通った心と、魂を持った人間のつぶやく言葉が詩になる。ロボットでも書けるような詩を、見分けられること。今にAIは、中原中也の“ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん”(サーカス)より、上手な音韻の組み立てを行うだろう。

※受講生の方々が、初めてから1年で、公募のコンテストで入賞されました。
◆著書 詩集「ギプスの気象」「塩こおろこおろ」神戸ナビール文学賞、中日田縄文賞、
「POEMS症候群」(土曜美術社)第56回中日詩賞受賞
主な料理書 「フランス料理大辞典」「チーズ料理」中央公論
世界民族舞踊コンクール 第二位入賞(イタリア)

 

曜日 隔月第2火曜日
時間

14:00~15:30

受講料 3,000円(6ヶ月3回分)
開催スケジュール
2019/11/12(火)  
2020/1/14(火)  
2020/3/10(火)  

 

 
   
   
持ち物
 

材料費

 

 

備考

※この講座は2ヶ月に1回の開催で6ヶ月で3回となります。

問い合わせ先 ブンカの交流館 事務局 0598-26-0108
住所 三重県松阪市日野町788 カリヨンプラザ3階 松阪市市民活動センター内

 

※開催日程は変更になることもありますので、ご注意ください。

※材料(教材)費は各講師にお支払いください。

※ブンカの交流館事務局は「松阪市市民活動センター」内になります。